サモトラケのニケ、ルーヴル美術館、パリ (The Winged Victory of Samothrace, Louvre, Paris)

f:id:KoichiHasArt:20200104103503j:plain

サモトラケのニケを後ろから見てみる(写真上)

「うわー、今にも飛び立っていきそう!」妻が隣でささやいた。


サモトラケのニケは、古代ギリシャを代表する彫刻で、ルーブルの至宝だ。
紀元前2世紀の海戦で勝利に酔ったロードス島民が奉納したとされる。

古代ギリシャが大好きな私は、ルーブル美術館に行くたびにジロジロとサモトラケのニケを眺める。
まさに至福の時間だ。

ちょうど日が差してきたので、天蓋の下から写真を撮ってみる。うん、まさに今飛び立っていきそうに見える。
しかし、この彫刻は海戦の勝利に女神が舞い降りたとされる。美しい彫刻は、どの角度から見ても美しいし、人によって捉え方もまた色々だ。優れた芸術品、例えばダヴィンチのモナリザやマネのフォリーヴェルジェールなども時が経っても解釈は様々。これが美術の面白さでもある。
 
f:id:KoichiHasArt:20200208103218j:image
 

サモトラケのニケは、紀元前190年頃造られた彫刻で、1863年エーゲ海の北東部にあるサモトラキ島で発見された。この女神 (ニケ) は、キトンと呼ばれる薄い亜麻製のドレスを着ている。ドレスは足元まで落ちていて、その作り出す衣紋がとても美しい。

乗っている台座は船だ。船の先端にニケが舞い降りた瞬間を表している。そう、天からまさに女神が勝利を祝して舞い降りた瞬間だ。鳥が地面に降り立つ時の翼の動作を思い出して欲しい。大きな鳥は地面に着地する時、翼は大きく羽ばたく。空気のかたまりを作り出してその風圧によって着地するイメージだ。

だが、このニケの優雅さはどうだろう。天から「フワッと」重力を無視したかのように優雅に降り立つ。その表現力とドレスの波立つ衣紋の美しさ。そしてその見事な身体表現。この古代の芸術家は物凄い物を残してくれたものだ。

 

f:id:KoichiHasArt:20200104211550j:plain

サモトラケのニケを横から見てみる(写真上)

そして僕が好きな翼部分。美術書で見たときは「ハッ」と心を動かされたその美しい翼をルーブルでも堪能する。

1863年に最初に発見され部分は胴体部分で、その後に翼部分が見つかる。断片は100以上にものぼるそうだ。

 

サモトラキ島は古代世界のなかでも比較的地味な島であった。フェンガリ山に代表される山岳地帯が島の大部分を占めるため、良港や生産物にもあまり恵まれない島だ。しかし、ここには宗教儀式をする神殿があり、その神殿群からサモトラケのニケも発見される。

 

f:id:KoichiHasArt:20200610193439j:image

 

エーゲ海は美しい(写真上)。ギリシャ旅行にサモトラキ島を組み込むことはなかなかないだろうが、エーゲ海に浮かぶこの島に古代のロマンを感じる人は多いはずだ。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

モンセラートで近代カタルーニャアートに出会う

f:id:KoichiHasArt:20200112222357j:plain

併設するモンセラート美術館

スペインのカタルーニャ地方は文化が花開いた地域である。バルセロナにはガウディをはじめとする建築群があるし、様々なアーティストが活躍した。カタルーニャを旅したら、その代表的なアーティストの作品触れたい。

 

モンセラート美術館


バルセロナから日帰りでも行くことが出来るモンセラートは、その奇景な山々で有名だ。この絶景を見に行く旅行者、またここにある修道院を目指し多くの巡礼者モンセラートへ向かう。もしここに行く機会があれば、修道院に併設するモンセラート美術館は必見。小さな美術館だが見所がある。

 

この美術館では、カタルーニャバルセロナで活躍したアーティストの作品を見ることが出来る。ここでは特にバルセロナで有名になった2人のアーティストを紹介しよう。

 

ラモン・カザス (Ramon Casas) 1866-1932

 

19世紀末から20世紀初頭にカタルーニャで起こった大芸術運動は、モデルニスモと呼ばれるが、彼は建築分野のガウディとともに、美術分野の巨匠としてその名が挙げられる。あのピカソが画家として最初の目標に挙げた人物で、彼が若手の頃、すでに大物の一人だった。

 

モンセラート美術館にはカザスの1890年代の作品が数点展示されている。

「舞踏会の後」1899年 (Decadent of yound woman, after the dance)は、エドワード・ホッパーを彷彿させるその都会での退廃的な雰囲気や孤独、冷徹な現実描写が印象派を思い出させる見事な筆使いで描かれている。ベルヴェットドレスやソファーの質感がとても綺麗だ。

f:id:KoichiHasArt:20200112222448j:plain

「舞踏会の後」1899年
 
パブロ・ピカソ (Pablo Picasso) 1881-1973

2人目は20世紀の大芸術家のピカソ
マラガで生まれたピカソバルセロナにやってきたのは1895年。モンセラート美術館には彼が14歳の頃描かれた「年老いた漁師」1895年 (The old fisherman) が展示されている。
 
ピカソは1904年にはパリに拠点を移し、青の時代、バラ色の時代を経てキュビスムへと進む。この作品にまだ彼のパリ移住期後の作風は現れていないが、10代にして驚くべき技量を見せている。レンブラントを彷彿させる老人の内面描写も見事だ。

f:id:KoichiHasArt:20200112222530j:plain

「年老いた漁師」1895年
 
Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi
(カザスとピカソの画像は美術館のホームページより)
 

モンセラートの絶景がガウディへ与えたもの

f:id:KoichiHasArt:20200503142918j:plain

今も建設が進むサグラダファミリア

バルセロナを代表するランドマークといえばサグラダ・ファミリアカタルーニャ出身の天才建築家アントニ・ガウディ(1852-1926)の傑作。

ガウディが1883年にこの聖堂の建築家を任されたのは、まだ30代前半であった。それ以降、特に壮年期には熱心なカトリック教徒であった彼は、後半生にこの宗教建築に全力を注いだ。彼の死後も建築は続けられ、100年以上が経過した現在も建築作業が続けられている。

自然をよく観察し、そこから沢山の事を学ぶ事を大事にしていた彼だが、この聖堂のインスピレーションはどこからきたのであろう。

その場がモンセラート(モンセラット)ではと言われている。

f:id:KoichiHasArt:20200503144502j:plain

モンセラートの山々

ガウディに限らず数々の芸術家にインスピレーションを与えてきたモンセラート。バルセロナのスペイン広場駅からカタルーニャ鉄道を使い約1時間半の距離にある景観豊かな場所として知られる。

この場所は芸術家にインスピレーションを与える場所なのであろう。ワーグナーはオペラ『パルジファル』(1865)において舞台背景にモンセラートを使ったそうだ。近年ではダン・ブラウンの小説『オリジン』(2017)の序盤に登場する。

私たちもここに行くと、文化芸術にインスピレーションを与えてきた素晴らしい景観を見ることができる。

f:id:KoichiHasArt:20200508184307j:image

モンセラートにはギザギザの山という意味があるそうだが、ここに立つと、本当にガウディの感動が我々にも伝わってくる絶景を見ることができる。このギザギザの山は、確かにユニークで、あのサグラダ・ファミリア (写真上) の創造源になったと言われても肯ける。
 

f:id:KoichiHasArt:20200503145348j:plain

サンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂

モンセラートには修道院があるが、ここはキリスト教徒にとって聖地の一つ。教会には沢山の芸術品や装飾が施されているが、ガウディもまた学生時代にここの装飾に携わった。

また、大聖堂には有名な黒い聖母子像が安置されている。今日もこの母子像を見に沢山のキリスト教徒が訪れる。

f:id:KoichiHasArt:20200503145555j:plain

大聖堂は信仰の対象となっている

ガウディのデザインは後期ゴシック、そして当時のカタルーニャのアート・ムーブメントであったモデルニスモを取り入れている。また、国際的な流行であったアールヌーボーの影響も忘れてはいけない。

モデルニスモアールヌーボーは共に自然主義的な性格があり、ガウディのデザインにも多くの曲線が取り入れられていることから、彼の自然への観察眼が現れていて面白い。サグラダ・ファミリアの外観や内観を見ると、直線というよりもなだらかな曲線が多用されているのがわかる。

f:id:KoichiHasArt:20200503182751j:plain

外観のファサードにはキリストの物語の彫刻が施されている。

 ガウディが手がけた「生誕のファサード」には、キリスト生誕から最初の説教を行うまでのシーンがあらゆる自然を取り入れた彫刻を使い表現している。自然を大事に考えていた彼らしさがここにも表現されている。

完成まで数百年かかるであろうと言われた建築物だが、完成は2026年という公式アナウンスがされている。その完成が楽しみだ。

 

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi

 

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi 

バルセロナの四匹の猫 (Els 4 Gats)

f:id:KoichiHasArt:20200112222715j:plain

ラモン・カザス「タンデム式自転車に乗るラモン・カザスとペール・ロメウ」(Ramon Casas and Pere Romeu on a Tandem) 1897年
バルセロナ市内のムンシオー通りにある四匹の猫は、1897年から1903年の短い間だったが、当時のカタルーニャにおける芸術の震源地であった。当時カフェとして営業していた四匹の猫は、ヨーロッパの他の都市にある名だたるカフェと同様に、芸術とは切っても切れない存在であった。
カフェと芸術。19世紀から20世紀初頭にかけ、ヨーロッパで化学反応を起こしていた場だ。
 
ヨーロッパのカフェ文化
 
芸術家が集うヨーロッパのカフェ文化は、パリやウィーンで特に有名である。パリのカフェ・ゲルボアではマネやドガなどが夜な夜な芸術について語り、モンパルナスではエコール・ド・パリのアーティストが集うカフェが点在する。
ウィーンでもクリムトオットー・ワーグナーなどが集ったカフェ・ムゼウムが有名である。
 
こうしたカフェの歴史をみていくと、ヨーロッパのカフェ文化と芸術は密接な関係があることがわかってくる。そこではどのような芸術論議が繰り広げられていたのであろうか。掘り下げていくには面白い分野である。新しい芸術はカフェから沢山生まれてきたと言ってもよいくらいだ。
 
四匹の猫とモデルニスモ運動
 
バルセロナの四匹の猫も、当時モデルニスモ運動の拠点として有名なカフェだ。モデルニスモとは、フランスやベルギーでのアールヌーボーやウィーンのユーゲントシュテルなどの芸術運動のように、カタルーニャで起こった新しいアート・ムーブメントである。
1897年に開店し1903年の閉店までラモン・カザスやピカソをはじめ芸術家達が集い議論をする場として賑わった。
 
当時を代表する芸術家といえば、あのサグラダファミリアを設計したガウディがいるが、彼はここでの議論に熱く加わってはいないそうだ。これに関しては芸術論の相違であったり、人間関係であったり、色々と想像するが、これもまた面白い。
 
カフェ設立に関与したのは4人の人物、ラモン・カザス、サンティアゴ・ルシニョール、ミケル・ウトリーニョ、ペラ・ルメウ。
カザスとルシニョールは、当時のカタルーニャ画壇における巨匠で、あとの2人は主に実務面を担当した。
四匹の猫という名前の由来は、カタルーニャ地方の口語で「少数の人数」を四匹の猫と言うところに由来するそうだ。

f:id:KoichiHasArt:20200112222639j:plain

四匹の猫 (Els 4 Gats)
カザスとピカソ
 
開店当時、既に大物芸術家だったラモン・カザスは開業資金を提供し、雑誌「四匹の猫」を発行した。カフェには彼の指定席があったそうだ。
カザスによって店内装飾用に制作された作品「タンデム式自転車に乗るラモン・カザスとペール・ロメウ」がある。オリジナルはカタルーニャ国立美術館に所蔵されている。カザスは肖像画で名声を得たが、ポスター作家としても一流。こういった雰囲気の中にある彼のポスターは非常に映える。さすがカザスと言えよう。
 
当時若手だったパブロ・ピカソも足繁く通う。1899年には初個展をここで行い好評を得る。1900年の個展には150点を出品し大成功を収めて、その後パリへと活動拠点を移す。ピカソにとっても、四匹の猫は、飛躍への足掛かりとして重要な場所であったのだ。
 
f:id:KoichiHasArt:20200430191025j:image
 
近くの大聖堂前にはカタルーニャの伝統を描いたピカソ・ウォール (写真上) があったり、有名なピカソ美術館など彼の足跡を訪ねるのも面白い。
 
現在は同じ場所に当時の雰囲気のまま再現されたレストランとして営業している四匹の猫。
19世紀末に想いを馳せて食事、きっとバルセロナの夜の素敵な思い出になるだろう。
 
Photo and Writing by Hasegawa, Koichi
 
 

ゴッホの下宿を訪ねて: オーヴェール・シュル・オワーズ、フランス

f:id:KoichiHasArt:20200305205905j:plain

ゴッホ『オーヴェールの村役場、7月14日、1890年』(1890)
ゴッホの最晩年である1890年。その 5月から2ヶ月ほど彼が暮らしたオーヴェール・シュル・オワーズは、パリから電車で約1時間ほどのところにある小さな村だ。
 

彼の最晩年の作品であるオーヴェールの村役場 (1890) のモデルであるオーヴェール・シュル・オワーズ村役場は、現在も現役で使用されている建物だ。この役場のすぐ近くにゴッホが暮らした下宿がある。村役場の近くといっても、とてものどかな場所に彼は暮らしていた。

 
ゴッホ弟テオが、それまで温暖な南仏にいた兄に、より故郷オランダに近い気候のこの村での静養を勧めた。
また、精神科医で絵画にも造詣のあるポール・ガシュも住んでいたことも理由の一つであろう。
ちなみにここは、ドービニーやセザンヌにもゆかりのある村でもある。

ゴッホは2ヶ月間で、我々のよく知る傑作を約70作品制作する。その中には、『オーヴェールの教会』(1890年 6月)『カラスのいる麦畑』(1890年 7月) などの代表作も含まれる。

f:id:KoichiHasArt:20200111104924j:plain

ゴッホの家の近くにある町役場(写真上)

先に述べたように、彼の下宿先は町役場のすぐ近くに位置し、ゴッホの家」として3月から10月末ぐらいまで公開している。この場所に来ると、彼が最晩年に暮らした部屋と作品のモチーフとなった村役場の両方を見学できる。
 

f:id:KoichiHasArt:20200111104836j:plain

ゴッホの家とラヴー亭 (写真上)

 

f:id:KoichiHasArt:20200111105011j:plain

ラヴー亭 (写真上)

 

一階はラヴー亭 (Auberge Ravoux) としてレストラン営業している。19世紀のまま残っているため、ここでの食事も雰囲気があっていいだろう。

 

f:id:KoichiHasArt:20200111105053j:plain

ラヴー亭内部 (写真上)

ゴッホは自殺してもまだ自分に息があることに気がつき、自力でこの二階にある部屋まで戻る。ゴッホが最後登った階段を登って部屋まで行ってみる。

 

f:id:KoichiHasArt:20200111105133j:plain

ゴッホの部屋内部 (写真上)

 

自殺に使用した拳銃から発射された弾丸は、胸の中にまだ残っていたそう。当時の医療的観点から、手術をするより、そのまま弾丸を残すのが通例だった。
そして、彼はその後2日間苦しんだ末に亡くなる。

 

まさに壮絶な彼の最後であったが、パリから駆けつけた愛する弟テオの腕の中で息を引き取ったそうだ。
 

f:id:KoichiHasArt:20200111105216j:plain

ゴッホの部屋にある椅子 (写真上)
彼の部屋を訪ねて感じたのは、とても小さな部屋だということだ。彼は最後自力で二階の部屋まで帰るが、生きて部屋を出る事はもうなかった。
37歳の人生は短いものであったが、ゴッホの作品と人生は今なお多くの人の胸を打つ。
 
Photo and Writing by Hasegawa, Koichi


東京から見る富士山:富嶽三十六景『江都駿河町三井見世略図』葛飾北斎

f:id:KoichiHasArt:20200202103316j:plain

『江都駿河町三井見世略図』葛飾北斎、1830年頃

葛飾北斎 (1760-1849) の代表作である富嶽三十六景シリーズは、富士山を主題に描かれた浮世絵で、1831年頃から刊行され全46図からなる。三十六と名を打っているのに46図あるのは、刊行後の人気により追加版が加えられたからとされる。

また、19世紀にヨーロッパで起きたジャポニスムにも大きな影響を与えた北斎の人気シリーズとしても世界的に有名だ。遠近法や使用している色などは当時の日本でも斬新であったであろう。シリーズのうち神奈川沖浪裏は、ヨーロッパで一番知られている浮世絵と言われる。ゴッホが賞賛したり、ドビュッシーが曲に書いたりとその影響力は大きい。

このシリーズは様々な場所から富士山を描いている。画面いっぱいに描いた富士山から遠くに見える富士山まで様々。遠州甲州から見る富士山も多く登場する。

面白いのは江戸から見る富士山。浮世絵を見ると江戸時代には東京からもよく富士山が見えたんだとよくわかる。もちろん今も高層ビルに登るとよく見えるが、街歩きをしていて富士山が見えることはまずない。

『江都駿河町三井見世略図』(えどするがちょうみついみせりゃくず)中央区日本橋室町二丁目あたりからの構図と言われる。三越の奥にバッチリと富士山が見える。

 

f:id:KoichiHasArt:20200202105521j:plain

現在の日本橋室町

現在の室町2丁目を歩くとちょうど北斎の構図の場所が見つかる。左に三越百貨店、右手には三井住友銀行がある。この奥にはビル群があって、やはり富士山は見えない。

 

しかし、現代なら現代ならではの富嶽三十六景を見つけて楽しむのはどうだろうか。北斎の作品の中に入れるのは、何も江戸時代だけではなく、現代東京でも可能だ。今では建物が邪魔をして都心から富士山を見るには高層ビルに登って見るしかないが、それもまた格別。

f:id:KoichiHasArt:20200202110326j:plain

六本木ヒルズから夕焼けの富士山を臨む

 

f:id:KoichiHasArt:20200202110949j:plain

船堀タワーから富士山と都心方面を眺める(写真上)

東京の摩天楼越しに富士山を眺める。最高の瞬間は東京の街に光が灯る直前の夕暮れ時。富士山が浮かび上がり、手前には東京の摩天楼が。大都会東京が夜の顔を出す前、遠くから富士山が見守っている感じの構図がまた美しい。

 

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi 

ゴッホ作『オーヴェールの教会』(1890)を訪ねて: オーヴェール・シュル・オワーズ、フランス

f:id:KoichiHasArt:20191231140842j:plain

『オーヴェールの教会』(1890年6月)
ゴッホ信仰心とはどうのようものであったのであろう。というのも、彼は画家を志す前は聖職者あるいは牧師を志望する人間であった。つまりは、ゴッホは、信仰心が非常に厚かったのだ。
彼の作品には、信仰心、あるいは教会に対する想いは表現されているであろうか。

『オーヴェールの教会』
オルセー美術館)は、ゴッホが5年ぶりに教会をモチーフとして描いたもので、これ以前だと『ヌエネンの教会 農民の墓地』(1885) になる。ニューネンの時期より、より我々にお馴染みのゴッホのタッチがここにはある。いわゆる、うねるような筆致だ。
 

f:id:KoichiHasArt:20191231140915j:plain

『オーヴェールの教会』(1890年6月) のモチーフになったノートルダム教会
『オーヴェールの教会』には何かゴッホ教会に対する考えや思いが表れている感じだ。彼は信仰心が厚かったがゆえに、退廃していた当時の教会に絶望していたと言われる。


この教会も正面ではなく、裏側からの建物を描いているし、道行く女性は教会に向かっているのか、それともいないのか。空模様も、うねるような黒が入っているため昼間なのか夜なのか。また、全景は昼間のようであるし、教会を包む雰囲気は夜のようでもある。

 
観察していくと、ゴッホの教会への複雑な思いが伝わってくるような気がする。

また、教会は牧師であった父親を表しているという見方も出来る。何かある度に衝突していたゴッホと父親だったが、もしかしたら、教会をモチーフとした時、彼は父親を思い出していたかもしれない。

ゴッホが亡くなった時、このノートルダム教会は、葬儀に使う馬車の貸し出しを断った。教会の教義として、自殺者には手を貸さないとの理由だ。

こうした彼の教会に対する想いや、死後のエピソードとは別に、この作品における色彩の使い方は見事で、ゴッホ自身、
「ヌエネンで描いた古い教会とそっくりだが、今は色彩がもっと表現的に、華麗になっている」
と言っている。
 
ゴッホはオランダを出てから、パリ、アルル、サン=レミで色彩表現を天才的な感覚で得た。そしてやって来たオーヴェール。5年間でゴッホが掴んだ色彩表現がここにある。傑作だ。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi